ストラスブール
(フランス)

成田



= 2002.09.29 (SUN.) =

ストラスブールを経つ日。
日本に帰国。







出発日の朝。
ホテルの窓から見たストラスブールの街。
屋根の瓦?と言い、窓のお花と言い
なんて可愛い建物ばっかりなんや!
街。
日曜で店は殆ど閉まってた。


   

大聖堂近くの広場。
メチャメチャ派手なメリーゴーランドがあった。
大聖堂。


大聖堂前の通り。
大聖堂の入口。
手の混んだ彫刻で、
一つ一つにストーリーを感じる。



雑貨屋さんを見つけて
石鹸をいくつか買った。

いい天気で、
建物もすごいキレイやし
いい気分やった。



カフェ。
時間があったらこんな所でゆっくりしたかった。



2002.9.29(SUN)

朝起きて、昨日の夜に一人で街徘徊した時に、閉まってたけどショーウィンドウで見つけてた欲しい物
(ハリネズミのきゅうす。メッチャクチャ可愛い!!)が売ってる店へ行ってみたけど休みやった。
少々高くても買いたかったのに・・・。
この街は観光地やのに日曜は休んでる店が殆どで、結局賑わってる所は見れなかった。残念!!

で、大聖堂の方へ・・・。入ってみるとすごいデカくて、中で神父さんがなんか言うてた。
日曜やから教会はそう言うの(何っちゅうか知らんけど)やってるんやな。

で、ホテルヘ戻ってパッキングして、チェックアウト。
でも、チェックアウトは12時で、出発は1:30やからホテルに荷物を預けて、
12時〜1時半頃まで昆虫はん達とまた街へ・・・
アラブ料理(トルコ料理やったかな?)屋で、
KEBAB(ケバブ)のTUFUKA(ユフカ)とTHE(テ、紅茶)を取って食べた。
メチャうまい!日本にももっとこんなんあったら絶対売れる思う。

で、ホテルへ戻ってバスに乗り込んでストラスブルクを発った。
空港でチェックイン、税関もスムースに通ってゲートイン。で、出発!
パリへ到着する直前に、ヒコーキの窓からパリの街が見えて、エッフェル塔も見えた。感動!!
パリ到着。で、パリ〜成田をパリ〜伊丹に変更の手続きをしてもらった。
ビジネスラウンジが使えないらしくて、代わりに22ユーロ券をもらった(ラッキー!)
で、免税店で使えるから買い物しようと店でいろいろ計算しながら小物をたくさん持ってレジへ・・・。
で、券出すと「ココは使えません」やて、、、免税店じゃなかった・・・。
しゃあないから自腹で1コだけライター(リンゴ型でエッフェル塔の絵?とPARISと書いてあって、
火を着けるとピコピコ光る)を買った。
で、ゲートイン。出発。機内で寝れずに映画2本見た(スパイダーマンともう1コ何か)
でもJALやから映画も吹き替えやし、ヒコーキ乗ったとたんにもうそこは日本やった。

-----------------------------------------

今回はヒコーキに乗ると、いつも大儀見さんのとなりやった。
大儀見さん、スッチーに英語で話しかけられてた。(JALやったのに・・・)
何人かわからんかったんやろなぁ・・・(笑)




= 2002.09.30 (MON.) =

帰国・・・成田に到着。



無事に成田へ到着!最後にメンバー全員で記念撮影。



2002.9.30(MON)

成田へ到着したら、国際交流基金の桜町さんとツーリストの今井さん、マー坊さん、ヒメ、大路さんの奥様達が
迎えに来てくれてた。
そこで、軽く雑談して東京組と別れて国内線へ。
座席の指定の時に気まぐれで通路側って言ったらエコノミーになってしまってた(カオリーニョも巻き添え・・・)
でも、ビジネスラウンジには入れて、少しくつろいで出発。

で、到着したらやっちゃん、足立っちゃん夫人達が迎えに来てくれてた。
で、自分だけ別れて、リムジンバスで天王寺へ。
到着して、家にTEL.して途中まで迎えに来てもらう事に・・・。
が、ココで問題が!!ナント最後の最後にスーツケースのコマが1コ壊れやがった!!
行く時からなんかキュルキュル言うてたけど・・・。
しゃあないからタクで帰宅。やっと家に着いた。

何はともあれ無事帰って来れた。めでたし、めでたし。。。

-------------------------------------

今回はホンマに荷物の事で難儀させられた。最後の最後まで・・・

=====================================

帰国後、時差ボケが去年の時よりも大分マシやった。
去年の時はひどくて、ずーっとだるいし、いつも眠いし、演奏してても現実感が無いし、
体も言う事きかへんっていうのが半月以上続いた。
けど、今回は演奏に支障をきたす事は無かった。
ただ、1日に2回くらい(夕と晩)に睡眠薬でも盛られたんちゃうか!っちゅうくらい、
急にもんのすごい睡魔に襲われて、一瞬で「カクッ」て寝てしまう、と言う状態になった。

最後に、この経験を必ず自分に活かして行きたいと思うと同時に、
このツアーへ連れて行ってくれた昆虫はんこと中島徹氏、
その他この企画に携わった方々の努力と御協力に感謝致します。

                                        竹田達彦